Sony XperiaTouchとHachiInfiniteM1の比較

touch-projector

2017年、ソニーはインタラクティブプロジェクターであるSony Xperia Touchをリリースしました。3年後の2020CES展示会で、Puppyrobot社はスマートタッチプロジェクターであるHachi Infinite M1 Proのデモを行いました。
前回の記事では、プロジェクションテクノロジーとスマートフォンの今後の展開について説明しました。それでは、スマートタッチプロジェクターを評価してみましょう。

スマートタッチプロジェクターとは

スマートタッチプロジェクターは、タブレットコンピューターと互換性のあるAndroidシステムを搭載しているため、壁にスクリーンを投影するタブレットコンピューターと考えることができます。さらに、スマートタッチプロジェクターは、スピーカー、Bluetooth、WiFi、その他のアクセサリなど、タブレットコンピュータのすべての機能も備えています。

スマートタッチプロジェクターの動作原理
スマートタッチプロジェクターの動作原理

スマートタッチプロジェクターはどのように機能しますか

タッチプロジェクターの動作原理はレーザーキーボードと同じで、どちらも超短焦点投影とレーザー認識技術を使用しています。カメラが画像を平面に投影し、隠しレーザー認識モジュールがユーザーの操作を認識します。テレフォトプロジェクションの場合、スマートプロジェクターはタッチをサポートしなくなりましたが、代わりにカメラを使用してユーザージェスチャを認識し、AI認識を通じて対話します。

SonyXperiaTouchおよびHachiInfiniteM1

sony-xperia-touch

現在、スマートタッチプロジェクターのベスト2製品は、ソニーのXperiaTouchとPuppyrobotのHachiInfinite M1であるため、これら2つの製品の比較評価を行いました。

照明の明るさ

Hachi-Infinite-M1-強い光の下での投影
Hachi-Infinite-M1-強い光の下での投影

どちらの製品もリリース時にどの表面でも使用できると主張されていますが、実際の使用では、一部の特殊な表面への投影が操作体験に深刻な影響を及ぼします。たとえば、暗い表面の下で強い光の環境で投影された場合、投影された画像は見づらくなります。

2つの製品を比較すると、Hachi Infinite M1は、強い光の環境でSony XperiaTouchよりも優れたパフォーマンスを発揮します。これは、Infinite M1の投影光強度が500〜600 ANSIルーメンであり、XperiaTouchの100ANSIルーメンよりもはるかに大きいためです。

タッチアスペクト

XperiaTouchがカーペットへのタッチの投影に失敗する
XperiaTouchがカーペットへのタッチの投影に失敗する

どちらの製品も10ポイントタッチマルチタッチを採用しており、両手でプロジェクションを操作できます。ただし、レーザー認識技術の限界により、現在の2つの製品には共通の欠点があり、異物や柔らかい表面に投影すると、タッチが失敗します。

また、タッチの応答時間も注意が必要です。この点で、InfiniteM1はXperiaTouchよりもわずかに優れています。 Xperia Touchの使用中は、明らかにタッチの遅延を感じるでしょうが、InfiniteM1はこの点に関して何の懸念もありません。

フォーカスを移動する

どちらの製品もオートフォーカスとキーストーン歪みの自動補正をサポートしていますが、スマートタッチプロジェクターの日常の使用は一箇所に固定されません。投影中にスマートタッチプロジェクターを動かすと、画像の焦点を再調整する必要があります。 2つの製品は、移動中に焦点を合わせるための異なる戦略を採用しています。

InfiniteM1のソリューションは、プロジェクターを移動すると、プロジェクターを固定してから焦点合わせと投影を再開するまで、InfiniteM1は投影されなくなります。

Xperia Touchは、プロジェクターを動かすと、調整のために画面が常にちらつくため、ユーザーエクスペリエンスにあまり適していません。

長距離使用

リモートジェスチャーコントロール
リモートジェスチャーコントロール

どちらのスマートタッチプロジェクターも、超短焦点投影技術を使用してタッチ機能を実現し、遠焦点で投影する場合は、タッチ機能もキャンセルします。遠焦点投影の経験では、XperiaTouchはIfiniteM1よりも優れています。

Xperia Touchはリモートジェスチャ操作をサポートしています。つまり、タッチはエアジェスチャ操作に置き換えられています。指を使って遠くからフルーツ忍者ゲームをプレイすることもできます。 Ifinite M1はジェスチャ操作をサポートしていません。リモートの場合、操作には付属のリモートコントロールのみを使用できます。

バッテリー寿命

Sony Xperia Touchには1300mAhのバッテリーが搭載されているため、スマートタッチプロジェクターを電源なしで使用できますが、バッテリー容量が少ないため、ビデオの再生を1時間しか継続できません。

Hachi Infinite M1には、毎日の会議に十分な5000mAhの大型バッテリーが搭載されています。

まとめ

touch-screen-projector

スマートタッチプロジェクターが発売されたとき、それは世界を驚かせました。現在のスマートタッチプロジェクターは、ユーザーエクスペリエンスにさまざまな欠点がありますが、スマートタッチプロジェクターの開発見通しには影響しません。将来的には、仮想時代に突入するでしょう。

商品名 Sony Xperia TouchHachi Infinite M1
リリース時間2017年6月2020年3月
製品の重量923g1.3kg
商品のサイズ69×134×143mm80×138×215mm
Android OSAndroid(TM)7.0Android 9.0
CPUSnapdragon 650Snapdragon 670
RAM&ROM3×32GB3×64GB、6×128GB
WiFiIEEE 802.11a/b/g/n/ac準拠2.4G/5GHz dual frequency802.11 a/b/g/n/ac 2 x 2
Dual antenna
NFC搭載
BluetoothBluetooth 4.2準拠 Bluetooth 5.0準拠 
接続端子USBタイプC(給電/データ転送)
HDMIタイプD(入力)
USBタイプC(給電/データ転送)
HDMIタイプD(入力)
表示素子SXRD、1366 x 768 画素DLP、1280 x 720画素
プロジェクターサイズ約23 – 80インチ約23 – 100インチ
明るさ100ANSI lm500~60ANSI lm
タッチコントロール赤外光検知型(マルチタッチ 最大10点)赤外光検知型(マルチタッチ 最大10点)
スピーカー2Wayステレオスピーカー2Wayステレオスピーカー
電池容量約1200mAh (内蔵電池)約50000mAh (内蔵電池)
カメラ有効画素数約1300万画素
Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です